HARLEY-DAVIDSON EDITOR'S CHOICE BIKE SHOW STURGIS 2016

[STREET CHOPPER'S CHOICE]
[100%BIKER MAGAZINE CHOICE]
[HEAVY DUTY MAGAZINE'S CHOICE]
[Pro Radical Modern]
[SNAP-FAB CHOICE]

street custom ストリートカスタム

street custom ストリートカスタム

25th annual LA calendar show

[Street Custom 1st Place]

 

HOT ROD Custom Show 2015

[STREET BUILD OFF 1st Place]

street custom ストリートカスタム

VIBES特集

(※バイブスより抜粋)

この夏、滋賀県のカスタムワークスZONがターボ付ナックルヘッドとストリート750をアメリカに持ち込み、注目度の高いカスタムコンテストで次々に栄冠を勝ち取ると共にその名を世界中に知らしめた。カレンダーショーやラッツホール、イージーライダース、フルスロットル、ストリートチョッパー、ヘビービューティーなど、全部で9冠!「ことの発端は去年のホットロッドショーで、マイケル・リクターから「アメリカで勝負してみないか」と言われたことですね。」

マイケル・リクターは以前より 日本のシーンに興味を持ち、彼がスタージスで主催するエキシビジョンに日本人ビルダーを招待し続けている。そこでZONの吉澤氏を植田氏は車輌が到着する西海岸から東海岸に向かって開催されるカスタムショーにエントリーしまくった。08年スタージスで車輌を初披露した後の12年イージーライダース・グランナショナルに続き、今回で三度目となるアメリカ上陸に対する彼らの意気込みは熱く、「日本人がやってることを見せてやる!」そんな気持ちだったと吉澤氏は語る。どこから見ても一分の隙がないナックルのカスタムは「日本の美しさを表現したかった」という黄金色のボディを輝かせて会場内の話題を独り占めし、急きょ会場入り口に置いてもらったストリート750「zonnevlek」の衝撃と合わせてZONの名前はあっという間に知れ渡った。

「嬉しかったのは世界的なビルダーたちが気軽に声をかけてきてくれたことです。『ああ、ようやくこの人たちと同じ位置に立てたんだ』って実感できたことですね。ものすごいカスタムバイク救ってるビルダーに『お前のバイクすけーな』って言われたらやっぱりめちゃくちゃ嬉しいですね。今までは挑戦するばかりで、アメリカに認められたいと思ってやってきたんですけど、ようやく枯彼と同じ目線で喋ることができました。」

 

 

 

harley street custom ストリートカスタムharley street custom ストリートカスタム
harley street custom ストリートカスタム
harley street custom ストリートカスタム
harley street custom ストリートカスタムharley street custom ストリートカスタム
harley street custom ストリートカスタム
harley street custom ストリートカスタムharley street custom ストリートカスタム
harley street custom ストリートカスタム
harley street custom ストリートカスタム
harley street custom ストリートカスタム